塩釜うまいもの通信

塩釜で中国人が作る本格的中華を食べたいなら!国道45号線沿い「味幸苑食堂」に行ってみよう!

味幸苑食堂

こんにちは! 竈ジン.comの編集長の鈴木です。

実は、最近気になっているお店があったのです。

塩竈市新富町にあるセブンイレブンの近く、黄色い中華のお店。

場所はここ。

昔は「紅囍楼」という赤いお店だったのです。

味幸苑食堂 元の外観

(写真はGoogleマップにアップしていた私が昔撮った写真です)

現在はこちらが店構え。

味幸苑食堂 外観

建物の形、ドア、看板のサイズなんかは一緒ですよね? のれんはちょっと違いますが(白いのから赤いのに変わっていますね)。

ということで、今日はこちらのお店に行ってみましたので、そのレポートをしたいと思います!

 

「味幸苑食堂」は中国人が作る本格中華のお店!

こちらの中華レストランは新富町セブンイレブンの隣にあります。

味幸苑食堂 外観

のぼりを見ると、ラーメンと餃子が押しなのでしょうか? 今回はちがうのを食べたので、次回餃子にチャレンジしたいです。

今日は何を食べようと外のメニューを見てみます。写真では切れていますが、下の方に定食メニューがあり、ランチにちょうど良さそうだということで入店することに。

味幸苑食堂 外のメニュー

中はこんな感じでした。

味幸苑食堂 内部

カウンター席6席。

味幸苑食堂 内部

小上がり席は4人が座れるテーブルが3つ。

中に入ると男性のスタッフの方と、厨房に男性のスタッフがいました。計2人で今日は運営しているようです。私の他には誰もいませんでした。

 

お水を頂きながら、メニューを見てみます。

味幸苑食堂 メニュー

色々と定食メニューがありますが、マーボー豆腐好きの私は迷わず一択! まずはこれを食べてお店の味を見ます。

注文した後、メニューの他のページも見てみます(店員同士は中国語(だと思う)で会話をしています)。

味幸苑食堂 メニュー

点心は今度食べてみたいなあ・・・。

味幸苑食堂 メニュー

のれんの奥で料理をしている様子が垣間見えます。

中華鍋での料理。美味しいにおいが漂ってきます。

 

そしてついに!

 

定食が到着!!

味幸苑食堂 麻婆豆腐定食

定食内容はご飯、わかめスープ、そしてマーボー豆腐。量はかなり多いです。がっつり系の量です!

まずはわかめスープを飲んでみたところ、うまい。ただ、これといった特徴はありません。

そしてご飯を一口食べた後、本丸であるマーボー豆腐に取り掛かります。

味幸苑食堂 麻婆豆腐定食

近くで撮ってみました。

味幸苑食堂 麻婆豆腐定食

もうちょっとだけ近くで。スプーンを持ちながらスマホで写真を撮るのは難易度が高いです。

そして撮るものは撮ったので、口に含んでみることに。

 

んんん・・・

 

スーパーで売っているマーボー豆腐の素で作ったものは少し甘いですが、これは辛い。

スーパーの基準で言えば、辛口クラス・・・。

辛いのが嫌いな人は無理なレベルです。

 

しか~~~し!!

 

辛いのが好きな私のような人にとってはおいしい。

いかにも「中華」といった感じのマーボー豆腐でした。

ちなみに、辛いのでご飯がどんどん進みます。^^

 

塩釜で日本人が作る中華ではなくて、本場の人が作る中華を食べたい方は、一度訪れてみてください!

 

店名 味幸苑食堂
住所 宮城県塩竈市新富町18-32
電話番号 022-367-0552